娘が幼稚園の入園時にハローキティの360mlのお弁当箱を購入しました。

この360mlのお弁当箱には、一体どれくらいの量のご飯やおかずが詰められるのか?

入園したてのころは、どれくらいの量が入るのか分からないので、ご飯とおかずを詰めた時にスカスカや!と慌てたこともあります。

お弁当箱が小さいから、ご飯もおかずも少なくていいか!と思っていると、あと1品入れないと隙間が埋まらない!とか、ご飯が全然スカスカやんか!となります。

お弁当は、一度冷ましてから詰めるのが鉄則です。

お弁当を詰め終えてから、足りないから追加しようとしても、ご飯やおかずを冷ます時間がない!となります。

反対にたくさん作りすぎておかずが余る場合も。

そんな時は捨てずにママのお昼ごはんにしましょう!

360mlのお弁当箱に入る量は?

我が家にあるお弁当箱は360mlのアルミ製です。

360mlのお弁当箱

私がお弁当箱を購入したのは2年くらい前なのですが、今は360mlじゃなくて350mlのサイズで販売されています。

もしかしたら、私が買ったお弁当箱も350mlなのかも・・・でも、お弁当箱には記載されていないので確認出来ません(;_;)

私の記憶が定かではなので、お弁当の容量は350~360mlという事で進めさせてください。

では、さっそく詰めていきます。

まずは、ご飯が白米、銀シャリのお弁当の場合から。

白米(銀シャリ)のお弁当の場合

ご飯が白米の場合のお弁当はこんな感じになります。

360mlのお弁当箱

ご飯がお弁当箱の半分を占めます。

こんなに沢山白米を入れたら食べられないじゃない!と思われそうですが、白米は子供茶碗に1杯分もありません。

ご飯には、ふりかけをかけたり、一人でふりかけをかけられる子なら小袋のふりかけを付けてあげましょう。

 

 

お弁当に詰めたものをお皿に盛り付けてみる

360mlのお弁当箱に入る量
  1. ご飯 100g
  2. 冷凍唐揚げ 1個
  3. スナップエンドウ 1個
  4. カボチャの煮物小さいの 2切れ
  5. ピックに刺した枝豆とコーン 2個
  6. プッチンプリン 1個

 

これだけ!

 

幼稚園児のお弁当のご飯の量

子供茶碗に本当に軽くご飯をつけると、だいたい100gです。

お弁当箱に入れると結構な量に感じますが、実際に入っているのは子供茶碗1杯にも満たない量なのです。

 

 

お弁当に唐揚げ

冷凍の唐揚げはこちらを入れました。

1個の大きさは直径4cm程なので、お弁当用の唐揚げやハンバーグなどを作るときはこれくらいの大きさで作ると食べやすく詰めやすい大きさなのでちょうどいいですよ。

 

 

ちょこっとプッチンプリン

年少さんはママと離れて不安な中でお弁当を食べる子が大半です。

なので、デザートOKならば、プチゼリーやプチプリンを入れてあげるとお弁当の時間も少しうれしくなるのではないでしょうか?

年中の娘はこのミニサイズのプッチンプリンを楽しみにお弁当を食べているそうです。

 

 

おにぎりのお弁当の場合

白米のお弁当では、ご飯100gを入れました。

おにぎりの場合でも同じ100gで大丈夫でしょうか?

いえいえ、100gだとスカスカのお弁当になってしまします。

おにぎりにするなら125gの白米が必要になります。

おにぎり弁当のご飯の量

これで子供茶碗1杯分です。

このご飯をおにぎりにして詰めてみましょう。

おにぎりは、万が一、ひとつ落としても大丈夫なように2個にします。母の優しさ・・・。

 

 

おにぎりのお弁当

おにぎり2個を詰めるとこんな感じです。

おかずは、白米弁当とまったく同じです。

お皿に盛り付けるよりもお弁当箱に詰めると量が多く感じますね。

 

実際に作ったお弁当の中身はこちら

350ml~360mlのお弁当箱で実際に作ったお弁当の写真です。

ミニトマトやブロッコリーなど先程とは違うおかずを入れているので、こちらも参考にしてください。

簡単な年少さんのお弁当

手作りハンバーグは直径4㎝の冷凍唐揚げと同じくらいの大きさです。

 

簡単な年少さんのお弁当

卵2個使った小さい卵焼きが2切れ入っています。

おにぎりはご飯100gくらいで作ったので小さめの物が2つ出来ました。

 

簡単な年少さんのお弁当

娘のリクエストのナポリタン!実は冷凍のナポリタンなのよ。

日清の冷凍ナポリタンは量が多めの小分けパックなので、お弁当箱の半分くらい埋まります!ナイス!

 

幼稚園児のそぼろ弁当

そぼろ弁当の卵は1つで足ります。お肉も80gくらいで十分です。

おかずも、ブロッコリーとミニトマト、冷凍のスイートポテトを一つ入れました。

 

最近は、ふんわり盛り付けられるタイプのお弁当箱が主流?

年少お弁当箱

ふんわり盛り付けられるタイプのお弁当箱だと、詰め方によっては結構な量が詰められる!

写真のお弁当箱は、360mlサイズですが年長さんの娘でも十分使えますが、デザートは別のタッパーに入れて持って行っています。

 

余ったおかずはママのお昼ごはんにしよう!

実際に詰めてみないとどれくらいの量が入るのか分からないお弁当。

今回は、どれくらいの量が入るのか書きました。

幼稚園児、特に年少さんのお弁当に入れられる量は少ないので、余ったお弁当用のおかずはママのお昼ご飯にするのもいいですよ。

その時にレンジで温めないで、冷めた状態で食べてください。

そうすれば、子供が幼稚園で食べるお弁当と同じものを食べることになります。

お肉が固かったり、ブロッコリーの水分が出てきたり・・・と、いろいろお弁当の改善点が出てきます。

本当にまずくて食べられない場合もあるんです。

娘はブロッコリーにとろけるチーズをのせたものが、美味しくないと言って残してきました。

私もお昼に食べてますが、確かにブロッコリーの水分が出てきてクチャクチャな食感、そして固まったチーズ・・・普通にまずい・・・。

残してきた娘にも素直に謝れます。ごめんよ(/_;)

まとめ

年少さんのお弁当箱は350~360mlがちょうどいいサイズです。

ご飯は子供茶碗1杯より少し少ない100g入ります。

おにぎりにするなら、子供茶碗1杯分の125g必要。

手作りハンバーグや唐揚げは直径4㎝くらいの大きさにすると、詰めやすく食べやすいです。

作りすぎたおかずは、そのままママのお昼ごはんにしてお弁当チェックをしてみましょう!

 

ABOUTこの記事をかいた人

5歳の女の子がいるママです。かわいいもの見つけたり、作ったりすることが好き。 娘にはかわいいものを持たせたいので、幼稚園グッズは手作り派。グラフィックデザインの学校を出ていますが、デザインより物づくりの方が得意。一人で黙々と制作に励むのも好きですが、娘と一緒にお菓子作りなどをする方が楽しいので、ブログには娘との共同制作したことを書いています。

RECOMMEND