まだ2月なのにお花見をしてきましたよ。

2月にお花見が出来る場所で有名なのが伊豆の河津桜。

私も同じく河津桜を見に行ってきましたが、伊豆じゃないよん。

浜松だよん。

しかも、浜松で見れる河津桜は伊豆の河津桜みたいに混雑してない穴場スポットです。

なのに400本もの河津桜を見られる、さらには菜の花畑もあるフォトスポットでもあります。

年々、人が増えてきているので穴場な今のうちに行っておきましょ!

河津桜の穴場スポットは静岡県浜松市西区にある東大山

私も知り合いに教えてもらうまで、河津桜が浜松で見られるとは知りませんでした。

場所はここです!静岡県浜松市西区大山町!

ん?どこだろう?

グーグルマップで検索すると、しっかり東大山の河津桜と出てきます。

浜松市民でも知らない人も多い、河津桜の穴場中の穴場です。

私も全然知らなかったし、写真を見せてあげた友達も伊豆の河津桜と勘違いするほど知られていない様子。

東大山河津桜祭り

東大山の河津桜祭り

訪れたのは2月23日で、ちょうど東大山河津桜祭りが開催中。

桜の見頃

河津桜:2月中旬~3月上旬

ソメイヨシノ:3月下旬~4月上旬 ※天候等により見頃が変わる場合があります

河津桜の穴場スポットの東大山

写真にあるさくらまつりののぼりが、とてもいい目印になります。

東大山の河津桜祭りの臨時駐車場

会場付近に駐車場が200台分用意されていて、私は東山診療所さんに停めました。

臨時駐車場として解放してくれている駐車場には、さくら祭り駐車場書かれた張り紙があるので、その張り紙がある駐車場に停めましょう。

このように河津桜まつりのために地元の方々が時駐車場として開放してくれています。

しかも、無料です!本当に素晴らしいです。

こういったイベントで臨時駐車場として開放している場合は、普通は500円、下手すると1000円は徴収されますので、無料で停めさせてくれる寛大な心に感謝です。

東大山の河津桜まつり2019

地元の方がお店を出していて、食べ物は焼き芋やおでん、芋煮、焼きそばなどなど。

お花見らしく桜のソフトクリームもありましたよ。

 

東大山の河津桜祭り2019

桜色のソフトクリームを食べながら、桜のトンネルをくぐる・・・いいねぇ( *´艸`)

河津桜と菜の花畑のフォトスポット

東大山の河津さくら祭りは、河津桜だけじゃないんですよ。

菜の花畑もご用意しております!

河津桜と菜の花畑

この日も、めっちゃ黄色になっている菜の花畑。

河津桜と菜の花畑

菜の花畑×河津桜のコラボレーション!フォトジェニック!

河津桜と菜の花畑

菜の花の黄色に河津桜のピンクが本当に綺麗です。

写真を撮らずにはいられない。

東大山の河津桜

菜の花の黄色×河津桜の桃色×空の青と白。そして山の緑。

カラフル!

河津桜と菜の花畑

川の反対側にも桜並木があるので、反対側の河津桜の隙間から菜の花畑を見たり。

ピンクとイエローのダブルカラーに大人女子も大興奮ですわ。

乗馬やウサギに餌やり体験もあり

桜まつりでは、乗馬体験やウサギたちに餌やりなど動物と触れ合えるイベントもあります。

東大山の河津桜まつり2019

桜並木を歩く馬、そしてニンジンを差し出す人々。

 

 

東大山の河津桜まつり2019

私はウサギにニンジンを差し出しましたが、すでにお腹いっぱいらしく全く食べてくれません・・・。

東大山の河津桜まつり2019

ポニーはしっかり食べてくれました。ありがとう!

東大山河津桜まつり2019

さらに、ヤギ三頭にもニンジンを差し出してみると、一番小さい子だけ食べてくれました。

私が差し出したニンジンは、3本100円で売っています。

餌やり以外に、乗馬体験もあり、ポニーにも乗れます。

お花見だけじゃないので子供も楽しめますね。

まとめ

河津桜の穴場スポットは浜松市の東大山!

河津桜と一緒に菜の花畑も見れるフォトジェニックな場所。

河津桜祭り開催日は乗馬体験や餌やりなどのイベントもあり、地元の方がお店も出しています。

東大山河津桜祭り2019

場所 〒431-1102 静岡県浜松市西区大山町1‐13‐2291

開催日時 2020/02/15(土)〜2020/03/08(日) 10:00-17:00

※河津桜と菜の花畑は24時間見られます。

駐車場 200台ほど近隣の方が臨時駐車場として開放してくれています。

ABOUTこの記事をかいた人

5歳の女の子がいるママです。かわいいもの見つけたり、作ったりすることが好き。 娘にはかわいいものを持たせたいので、幼稚園グッズは手作り派。グラフィックデザインの学校を出ていますが、デザインより物づくりの方が得意。一人で黙々と制作に励むのも好きですが、娘と一緒にお菓子作りなどをする方が楽しいので、ブログには娘との共同制作したことを書いています。

RECOMMEND