ヨシケイは毎日注文しないとダメなの?頼みたいときにだけ注文してOK!

ヨシケイは毎日注文しないといけないの?

ABOUTこの記事をかいた人

5歳の女の子がいるママです。かわいいもの見つけたり、作ったりすることが好き。 娘にはかわいいものを持たせたいので、幼稚園グッズは手作り派。グラフィックデザインの学校を出ていますが、デザインより物づくりの方が得意。一人で黙々と制作に励むのも好きですが、娘と一緒にお菓子作りなどをする方が楽しいので、ブログには娘との共同制作したことを書いています。

ヨシケイヘビーユーザーの私に、ママ友にこんなことを聞かれました。

ママ友

ヨシケイを頼んでみたいけど、毎日注文しないとダメなの?

私が、夕食は毎日ヨシケイにしていることを知っているママが、ヨシケイに興味を持ってくれたみたいで嬉しかったのですが、毎日頼まないといけないと思われててびっくりしました。

確かに我が家は平日の夕食は毎日ヨシケイを注文していますが、 ヨシケイは毎日注文しなくても利用できます! 

時々しか利用しないから注文するのが恥ずかしい場合はネット注文で解決します。

ヨシケイは自分のライフスタイルに合わせて利用してOKなんですよ!

LINK:ヨシケイ公式サイト

ヨシケイは毎日注文しなくても利用できる!

カレンダー

ヨシケイを利用したいけど、毎日利用しないといけないと思って利用するのを躊躇している人。

すごくもったいない!

ヨシケイは利用したいときにだけ利用できるので、自分のライフスタイルに合わせて利用して便利さを実感してください。

いくら材料を届けてくれて、野菜もカットしてある、お肉も焼くだけ!などの簡単レシピでも、毎日毎日作るのは嫌だー!というママもいます。

私も毎日料理を作りたくないので、土曜日と祝日はヨシケイは注文しません。

確かに月曜日〜土曜日まで注文してしまえば、夕食の買い出しに行く必要はなくなり、その都度献立も考えなくてもいいのでヨシケイのメリットを最大限利用できることになります。

でも、食べたい献立がなかったり、旦那さんが飲み会でいないからデリバリーピザにしちゃお!とか、そういう日もあります・・・よね。

なので、 ヨシケイは頼みたい日だけ頼めばいいんです! 

他にも、ヨシケイを利用するときに気になる事がママ友はあるようで、注文数についても聞かれました。

ママ友
4人分までしか注文できないの?

4人分以上の注文もできます!

例えば、5人分の注文をしたい場合は、2人用を1つと3人用を1つ組み合わせて注文すればOK!

ママ友宅は6人家族なのですが、ヨシケイのメニューブックを見て、4人分の注文までしかないから利用をとどまっていたそう。

あー!もったいない!

6人分の夕食の買い出しって、量も多いし、冷蔵庫もすぐにパンパンになってしまうでしょうに!

それがなくなるんだから、今すぐヨシケイ利用したほうがいいって!と言っておきました。

頼みたい日だけ、頼みたい分だけ頼めるのがヨシケイ!

LINK:ヨシケイ公式サイト

ヨシケイのネット注文なら注文しやすい!

スマートフォン

ヨシケイの注文方法は、申込み用紙に記入して配達員に渡すか、ネットで注文するか選べます。

ヨシケイをたまにしか利用しない人の場合、ちょっとしか注文していない申し込み用紙を配達員さんに渡すのが気まずい・・・という人もいると思います。

平日毎日注文する私ですら、特集ものを注文しないときなんかは配達員さんに申し込み用紙を渡しずらかったりします。

今までは申込み用紙に記入していましたが、ネット注文ができるとわかってからはネット注文オンリー。

ネット注文にしてから、上記に書いたような気まずさから開放されて、よりヨシケイが利用しやすくなりました!

 キャンセルや注文数の変更も簡単にできる ので、ヨシケイを利用するならぜひネット注文を利用してみてください。

また、しばらくヨシケイの注文をお休みしたいときも、ネットから お休み設定 というのができるので、配達員さんにいちいち伝えなくてもいい。

ただし、ヨシケイをやめる場合は配達員さんに伝えないといけません。

まとめ

ヨシケイは毎日注文しなくても利用できます!

自分のライフスタイルに合わせて利用できるのがヨシケイの便利なところ。

ネットから注文もでき、キャンセルや数量の変更もできるので、かなり臨機応変に対応してくれます。

しばらくヨシケイの利用を控えたいときには、ネットからお休み設定をすればOK!

LINK:ヨシケイ公式サイト

ABOUTこの記事をかいた人

5歳の女の子がいるママです。かわいいもの見つけたり、作ったりすることが好き。 娘にはかわいいものを持たせたいので、幼稚園グッズは手作り派。グラフィックデザインの学校を出ていますが、デザインより物づくりの方が得意。一人で黙々と制作に励むのも好きですが、娘と一緒にお菓子作りなどをする方が楽しいので、ブログには娘との共同制作したことを書いています。

RECOMMEND