子供がいるから大掃除ができない!?それなら掃除はしなくてもOK!

大掃除

ABOUTこの記事をかいた人

5歳の女の子がいるママです。かわいいもの見つけたり、作ったりすることが好き。 娘にはかわいいものを持たせたいので、幼稚園グッズは手作り派。グラフィックデザインの学校を出ていますが、デザインより物づくりの方が得意。一人で黙々と制作に励むのも好きですが、娘と一緒にお菓子作りなどをする方が楽しいので、ブログには娘との共同制作したことを書いています。

子供がいると大掃除ができない!と嘆いているママ。

子供がいて大晦日に大掃除ができそうもないなら、大掃除はしなくてもよし!

大晦日に大掃除をするのは新年に神様を気持ちよく向かい入れるためなので、神様を信じてない私のような人はわざわざ大晦日に掃除をする必要なし!

もし、子供と一緒に大掃除ができそうなら、床の雑巾がけや窓拭きなどがおすすめ!

子供がいると大掃除が出来ないなら、やらなくてもいい!

大掃除の道具

そもそも大晦日に大掃除をなぜやるのか?

子供の頃から家や学校、社会人になってからは会社で大掃除をしている人も多く、なんとなく一年の終わりの大晦日には大掃除をして新しい年を迎えてようと大掃除をしてきたと思います。

大晦日に大掃除をする本当の意味は、 お正月に歳神様を気持ちよくお迎えするための神事として行われて いたからなのです。

私は神様は信じいていないので、 わざわざ大晦日に大掃除はしません! 

たとえ信じていたとしても、大晦日が掃除という予定だけになるのが嫌なので、大晦日に大掃除はしません!

別に大晦日にしか大掃除をしてはいけないなんてことはなく、日頃からちょこちょこ掃除してキレイにしておけばいいだけの話。

気になったときに掃除をすればいいんです。

なにも、 わざわざ大晦日まで汚れをとっておく必要なし! 

むしろ寒い冬に家中の窓全開で掃除してると寒さに負けてしまい、

寒いし、もうこれくらいでいいか・・・

となり、しっかりとできない気もします。

 

自分では大掃除出来ないけど、家は綺麗にしておきたい!と思っているママは、 旦那さんに頼む  ハウスクリーニングに頼む しかないです。

そして、旦那さんは掃除なんてしてくれないし、ハウスクリーニングはお金がかかるし・・・という場合は、今年は大掃除を諦めましょう。

もしくは、子供ができそうな掃除だけをする!

 

子供が出来る掃除を任せる!

子供と大掃除

小学生にもなれば、学校で掃除をしているので掃除を任せてもOK!

  • 自分の部屋の片付け
  • 窓拭き
  • 床拭き

このあたりなら、子供だけでも十分出来ます。

部屋の片付けだけは任せっきりにしていると、遊んでいたり昼寝していたり・・・となり、まったく掃除してなかった!ということになりますので、ちょこちょこ様子を見に行きましょう。

窓拭きは、綺麗になったことが目に見えて分かりやすいので、子供のやる気もアップします。

床拭きは学校で雑巾がけをやっているので、ママよりも子供の方が手慣れている場合もあります。

雑巾がけなら2.3歳の子から出来るので兄弟で競争しながらやるのも楽しい!

運動不足の私にはキツイ雑巾がけも、子供はスササササーっとあっという間に終わらせてくれますので、今年も子供にお願いしようと思います。

 子供に掃除をお願いしたときは完璧を求めない事! 

コレ大事!

子供が家のお手伝いをする時は、実践ではなく経験としてとらえましょう。

掃除をするなら隅々までキレイにしたいと思う大人とは違い、子供は掃除をすることに意味があると感じています。

たとえ、まだ汚れが残っていても子供の気持ち的に掃除をした!ということになっていれば満足して掃除は終了。

なので、二度手間になるかもしれないけど、子供が見落とした汚れは大人がキレイにしておきましょう。

その方が今後お手伝いしいてくれる可能性がグンと上がります!

道具でやる気を高める

大人もそうですが、大掃除をする時は「今から大掃除するぞ!」というような格好をしますよね?

例えば、エプロンをつけたり、汚れてもいい服に着替えたり。

子供も同じように、今から大掃除するんだぞ!という気持ちになれるように、エプロンや三角巾をつけてあげると気持ちが切り替わります!

他にも、100均で売っている小さなホウキやちりとりも子供が扱いやすく、持たせてあげると進んでお掃除してくれますよ。

特に小さい子供だと道具と格好をバッチリ決めてあげるほどテンションが上がり、いい仕事してくれます!

絵本で大掃除

掃除をテーマにした絵本を読んでシュミレーション!とまではいかなくても、私も大掃除してみたい!と思ってもらえるように、大掃除や掃除がテーマの絵本を読んでおくのもいいですよ。

掃除や大掃除をテーマにしたおすすめの絵本を紹介します。

ぐりとぐらのおおそうじ

ぐりとぐらのお家を大掃除するお話です。ぐりとぐらのおおそうじ

ぐりとぐらは、本当によく働くのねずみ!子供も真似してお掃除してくれるかな。

ほしさんちのおそうじだいさくせん

毎日の片付けや掃除が出来るようになりそうな絵本。

子供にわかりやすく片付けすることを伝えてくれています。

まとめ

大晦日に大掃除はしなくてもいい!

掃除は出来る時、気になったときにやるのが一番です。

大掃除を子供とするなら、窓拭きや床の雑巾がけなど子供でも出来る掃除を任せましょう。

エプロンや三角巾をつけたりして見た目から掃除モードにしてあげると子供のやる気をアップ!

さらに大掃除の絵本を読んでおけば、自分も大掃除したい!と思ってさらにやる気アップ!

ABOUTこの記事をかいた人

5歳の女の子がいるママです。かわいいもの見つけたり、作ったりすることが好き。 娘にはかわいいものを持たせたいので、幼稚園グッズは手作り派。グラフィックデザインの学校を出ていますが、デザインより物づくりの方が得意。一人で黙々と制作に励むのも好きですが、娘と一緒にお菓子作りなどをする方が楽しいので、ブログには娘との共同制作したことを書いています。

RECOMMEND